【アパレル店員が苦手】な人はひとこと「1人で見たいです」と最初に言ってみて!【服屋で話しかけられる】

店員さんと上手にお付き合いできたら、買い物の満足度もアップ⤴️

 

 

みなさんは服を買いに行った時に、店員さんとお話するタイプですか?

 

先日、zoom相談で「店員さんとの付き合い方」について話題にあがりました。

 

その方、お買い物は「お友達とアウトレットに行ってまとめ買いすることが多い」ということだったので、理由を掘り下げていくと

「ひとりでゆっくり選びたいのに、べったり接客につかれるのが苦手だから」

という理由が浮かび上がってきました。

 

同じような思いを持っていて、ショッピングモールや通販を利用する方も多いのではないでしょうか?💦

もちろん価値観やライフスタイルに対してそういったお店が適していれば問題はないのですが、適してない場合にはもったいないですよね。

 

 

店員さんと上手に付き合えると、こんなメリットがあります↓

 

👉探しているイメージを伝えれば、自分で探さなくても持ってきてもらえる

👉店頭に並んでいない商品を紹介してもらえる(実は、全商品がお店に並んでいるわけではありません)

👉在庫や入荷情報など詳しく調べてもらえる(ネットで検索できるブランドもありますが、在庫に上がっていてもお客さんの取り置き分である可能性なども)

 

などメリットがたくさんあるので、店員さんを活用するのはやはりオススメなんですね。

 

 

・・・とはいうものの、やはり程よい距離感で接したい!

そんな時にズバリお伝えしたいとっておきの方法は、

「ひとりで見たいです」と、言葉で伝えることです!

雰囲気とかオーラで伝えてるよ〜!空気読んでよ〜!って方もいますが、言葉で伝えるというのがミソ👌

 

 

なぜかというと、販売員は「先輩や店長から常に接客を見られていて、お客さんが帰った後に今の接客についての指導を受けているから」なんです。

いくらオーラを出したところで悲しいかな、「あの時どうして声をかけなかったの」と責められかねないんですね😭

一方、言葉で伝えれば「お客さんがこうおっしゃったので、距離をとりました」と、販売員も上の人に理由を伝えることができます👏

 

 

今回のご相談者様はアウトレットをよく利用するとのことでしたが、

やはり同じ理由でファストフッションブランドやショッピングモール・通販を選ぶという方はすごく多いです。

 

もちろん、その方の好みやライフスタイルに対して適していれば何ら問題はないんですが、今回は百貨店ブランドがオススメでした。

 

 

パーソナルスタイリスト的には「ぜひわたしを頼って!」という気持ちももちろんあるんですが(笑)でもそれ以上に、

お困りだったお客さんの悩みが解消したり、求められる場面で店員さんが活躍できる社会になれば嬉しいと思います😊🌸

 

長く販売員をやってきたので、その立場の気持ちや裏事情も分かりますし、上手な付き合い方もお伝え可能です。

そうして「洋服選びの時間」が、お客さんにとっても店員さんにとっても気持ちの良い時間になれば良いなと思っています。

 

 

 

とはいうものの、

 

👉「ひとりで見たいです」と言うことでさえハードルが高い
👉伝えた後のやりとりがうまくいかない

 

といった方には、スタイリストがお買い物に付き添う「お買い物同行」がオススメ。

 販売員の経験が豊富なスタイリストが、お客さんに代わって店員さんとのやりとりも行います!

 

 

サービスについて詳しくはコチラから↓

サービスのご案内